FC2ブログ


英語で書かれたフィンランド語テキストを探しに丸善へ
私のフィンランド語は初心者レベルなので、まだまだ必要はないのですが、いずれ学習が進んでいったら日本語のテキストだけではきっと足りなくなるでしょう。

日本語のテキストは数が限られていますからね。英語で書かれたフィンランド語テキストってどんな感じなのか。

それに日本語・フィンランド語辞書にもちょっと不満があるので、英語・フィンランド語辞書もどんな種類があるのか知りたい。

そう思って、東京駅近くの丸善丸の内本店に偵察に行ってきました。

丸の内の丸善は洋書コーナーが以前より狭くなってしまいました。洋書はKindleで買う人が多くなってしまったからというのが私の予想なのですが、実のところはどうなのでしょう?

さて、入口すぐのところに検索機が置いてあるので、「Finnish」というキーワードでざっくりとテキストを探してみたところ・・・。

検索結果はたくさん出てくるのですが、テキストや辞書らしいものの詳細を見てみると、すべて"out of stock"(在庫切れ)との表示です。

念のため店員さんにも聞いてみると「あ~、フィンランド語の辞書の取り扱いはもうやめてしまったのですよ。テキストも置いていないのでお取り寄せになりますねー。」との返事が。

ううっ。お取り寄せするくらいなら、最初からアマゾンで買いますとも。

実際に手に取ってみてみたかったからこそ、丸善までやってきたのに(;;)。

まぁ、そもそもフィンランド語学習が少ない上に、それを英語で勉強しようという人はもっと少ないでしょうし、ニーズがない本を置いておくわけにもいきませんからね。

アマゾンで英語で書かれたフィンランド語テキストを探すと、よさそうな本は4~5千円くらいするのです。

いいテキストならそれだけ出しても構いませんが、さすがに中身を見ないで買うには高すぎる金額です。

Kindle版はもう少し安いですが、語学のテキストはやっぱり紙の本の方が使い勝手がいいので買う気になれませんし。

いつかフィンランドに行ったらたくさんフィンランド語のテキストを買って帰りたいです。

今日のフィンランド語:
テキスト(教科書) oppikirja

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

言葉の意味に対しての認識は人それぞれ
私が持っているフィンランド語の辞書は残念ながら語彙が少ないので、載っていない単語を探す際はオンラインの英語・フィンランド語辞書を使っています。

ただ、いくつも単語が表示されると、どれが良く使われるのか、自分が表したい文脈にはどれがピッタリくるのか分かりません。

こういう時はネイティブスピーカーに聞くのが一番!インターネットでフィンランドの方に質問します。

先日こんなことがありました。

「通勤」という単語をフィンランド語で何と言うか知りたくて、オンラインの英語・フィンランド語辞書とGoogle翻訳とで調べました。

そこで出てきたのは、"työmatka"と"pendelöinti"という単語。

フィンランド語で"työ"は仕事、"matka"は旅行の意味。

"työmatka"を英語に直訳してしまうと"business trip"となり、通勤というより出張というニュアンスが感じられます。

これを通勤という意味で使っていいものか、よく分かりません。

そこでsuomalainen(フィンランド人、の意味)に質問してみたところ、5人の方から返答がありました。

フィンランド人 A:
"työmatka"が「通勤」という意味に最も近い。「出張」という意味もあるが、日々の「通勤」も表す。"pendelöinti"という言葉は聞いたことがないのでスラングだと思う。

フィンランド人 B:
"työmatka"が一般的には「通勤」に最もふさわしい。"pendelöinti"は「距離の短い通勤」(歩いて10分など)というより、車や電車を使った「長距離通勤」という印象を受ける。"pendelöint"はスラングではなく、新聞などでよく使われる言葉。

フィンランド人 C:
自分も"pendelöinti"という言葉は聞いたことがない。新聞でも見たことがない。"työmatka"が「通勤」の意味にはもっともふさわしいし、この単語しかないと思う。"työmatka"は「通勤」も「出張」の意味も表すので、どちらを指すかは文脈で判断する。

フィンランド人 D:
自分も"pendelöinti"という単語は聞いたことがない。

フィンランド人 E:
自分も"pendelöinti"という単語を聞いたことが一度もない。グーグルで調べたところによると、あまり古い表現ではなく、スウェーデン語からの新しい借用語らしい。

なかなか興味深い結果になりました。

人によって認識がまちまちなのですね。

5人中4人は"pendelöinti"という単語を知らないという。Bさんは"pendelöinti"は新聞などで使われる語彙だという。調べた結果は外来語。

これは、Bの人が普段読んでいる新聞の種類にもよるのかもしれません。ものすっごい難しい新聞を読んでいるとか、業界専門誌のようなものを愛読しているだとか。

もし、私がBさんにだけしか質問していなかったら、一般的ではないものの、"pendelöinti"を使っても問題ないんだな、と考えたと思います。

Cさんにだけ質問していたら、"pendelöinti"なんていう言葉は存在しない、と理解したと思います。

単語一つをとっても、ネイティブの認識は様々。

フィンランド語に限らず、たまたま尋ねた相手の答えが一般的とも限らないので、ネイティブに言葉の意味や使い方を聞く場合には、複数の人に当たるべきだなぁと思いました。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

フィギュアスケートとフィンランド語
私の目下の趣味は自分が滑るの方のフィギュアスケートですが、観る方のフィギュアスケートも当然好き。

でも、試合シーズンが終わってしまって、アイスショーにあまり興味のない私は、J Sportsで撮りためた録画を観たり、YouTubeで過去の試合などを観たりして楽しんでいます。

J Sportsで会場音のみで観る試合も演技に集中できていいのですが、YouTubeで海外のテレビ局の解説を聞くのも楽しいです。

他の国のアナウンサーや解説者(元あるいは現役のスケーターだったりする)が日本の選手をどう評価してくれているのかがわかって面白いんですよね。

今朝は浅田真央ちゃんの世界選手権フリースケーティングの海外解説の動画をあれこれ見ていました。

「Mao Asada」とアルファベットで検索すると、海外テレビ局の解説動画がたくさん見つかります。

いろいろ見ているうちに、英語ではない解説の動画にヒットしました。

聞いた時の印象が「なんだかフィンランド語っぽいなー」だったのですが、「フィンランド語ばっかり勉強してるので知らない外国語がすべてフィンランド語に聞こえるのかもー」なんて思ったのです。

そのうちに知っているフィンランド語の単語がでてきて、おお!やっぱりフィンランド語だったんだ!とうれしくなりました。

フィンランド語には独特のリズムがあり、そのリズムにだんだんなじんできたので、意味が分からなくても「フィンランド語っぽい」と感じたのかも。

フィンランド語の学習が進んでいったら、YouTubeでフィンランド語解説のフィギュアスケートの試合動画を観れば、フィギュアスケートを楽しみつつフィンランド語の勉強も出来て一石二鳥!

いいもの見つけた!と思いました。

マリメッコのエッジカバーに続く、好きなものコラボ♪

私が偶然見つけたのは真央ちゃんの試合でしたが、羽生結弦選手や町田樹選手のフィンランド語解説の動画も絶対あるはず。

フィンランド語に限らず、英語でもなんでも外国語を勉強する際は、自分が興味のある内容のものを聞いたり読んだりするのが一番なんですよね。

「知りたい」という気持ちが強ければ勉強もはかどります。

いつかフィンランド語のフィギュアスケートのファンサイトを見つけて(そんなのがあるのか知りませんが)、フィンランドのフィギュアスケートファンと交流してみたいです。

今日のフィンランド語:
テレビ(1台、2台と数えるテレビそのものではなく、テレビ放送) televisiotoiminta
ファン ihailija(英語:fan, admirer)

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

『旅の指さし会話帳 フィンランド語』
フィンランド語の学習は続けていますが、堅苦しい勉強とは別に、旅行に必要な語彙や文章を知りたいなと思って、こんな本を買いました。


旅の指さし会話帳 フィンランド』。1,944円也。

Amazonで見ていたときは分かりませんでしたが、思っていたより薄い本です。

旅に必要な会話本なので、あんまり分厚いとゲンナリしますからね。

そしてこの本、「とっつきやすい」ということを大切にしている雰囲気。


こんな感じのかわいいイラストがいっぱい。


文字は手書き風。これは食べ物のページです。レストランで注文するときに重要!

この本は語学の学習のためでなく、あくまで旅行に便利なように工夫されています。


これは裏表紙なのですが。

「ここに書いて下さい」という文と、空白のスペースがあります。


水性ペンなら、ホワイトボードのように何度も書いたり消したりできるそう。これは便利!

ああ、ますますフィンランドに行きたくなってしまった・・・。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

フィンランド語の辞書
フィンランド語の辞書は英語と違って、選択肢がほとんどありません。

芬日辞典も日芬辞典も二種類しかない・・・。今私が使っているのは『フィンランド語日本語小辞典』というものです。


フィンランド語日本語小辞典』。8,640円也。

英語の辞書とは比べ物にならないくらい説明が少ないのに、お値段は英語の辞書の倍以上します!

でも選択肢が少ないのでこれを使うしかないのですよねー。

座って勉強するときには紙の辞書でもいいのですが、持ち運ぶという点では電子辞書にはかないませんよね。特に海外旅行の際。

英語のように電子辞書があれば便利なのですか、残念ながらそんな便利なものも存在しません。

先日、オンライン翻訳サイトWebxicon.orgのアプリのことを書きましたが、オンラインサイトなのが弱点。

飛行機の中、海外旅行中など、インターネットにつながっていない状況では使えないのです。

と、いろいろ調べていたところ、一つ便利なものを見つけました。

An Electronic Finnish Dictionary』という英芬辞書のKindle版です。

フィンランド語の単語の意味がシンプルに書いてあるだけで、例文も何も載っていない簡素な辞書ですが、検索機能が初級者にとって使いやすいのです。

フィンランド語は格変化といって名詞や形容詞の語尾が意味によって変化します。動詞も人称によって変化します。

が、辞書には格変化する前の基本の形でしか載っていないので、分からない単語に出会った際、元の形を知らないと辞書すら引けないのです。

これは困る・・・。

このKindleのAn Electronic Finnish Dictionaryは他のKindle本にもある検索機能を使って、格変化した形で単語を検索しても意味が調べられるのです。

例えば、"kouluun"という単語を検索すると"koulu"という単語が出てきて、"Noun- a school"という意味も表示されます。これは「学校」という単語で、最初の"kouluun"という形は「学校へ」という意味を表しています。

これだけだと用法もなにもわからないので、さらに逆引きしたりもっと詳しい英芬辞典を使う必要があると思いますが、たった300円。

Kindleのスマートフォンやタブレット向けアプリは無料で利用できるので、フィンランド語学習者でスマートフォンをお持ちならこの辞書を購入して損はないと思います。

フィンランド語学習では複数の辞書を組み合わせて工夫して使わないと、調べたい単語が分からないことも多いです。

私の持っている紙の辞書には、「スマートフォン」が載っていないのはわかるとしても、「カメラ」も載っていなかった!

こういう場合はオンライン翻訳サイトWebxicon.orgで英語から調べ、念のためにGoogle翻訳も使います。

これで両方とも同じ単語が出てくればいいのですが、違う単語がでてきたら・・・。

どちらが正しいか分からないので、インターネットでフィンランドの方に聞くようにしています。

でも、たとえ同じ単語が出てきても、例文が書いていないのでイマイチ使い方が正しいのか分からない。

例文や語法がしっかり詳しく書いてある英語の辞書に慣れているので、例文がなく意味しか書いていないフィンランド語辞書を見ると消化不良でモヤモヤしていまいます。

「これって辞書というより単語帳じゃん」という気持ちになってしまうのです・・・。

やっぱりもっと高い方の辞書(3万円以上する!)か英語・フィンランド語を買わないとダメなのかー。

今日のフィンランド語:
フィンランド Suomi
フィンランド人 suomalainen
フィンランド語 suomi
英語 englanti
辞書 sanakirja(sana=ことば/単語、kirja=本)

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ