FC2ブログ


マンションの探し方その6-不動産会社友の会-
マンションの探し方その5-候補物件を探す-の続きです。

前回の記事で書いた不動産会社友の会の一覧です。Webで入会でき、そのまま資料請求ができる友の会もあります。

友の会会員には優先でモデルルーム見学させてくれる不動産会社もありますし、友の会会員になった後に物件を制約すると、プレゼントがもらえたり成約金をもらえたりするところもあるので、気になる物件の不動産会社に友の会があったら、ぜひ入会しておきましょう。

特に気になる物件がなくてもどの不動産会社友の会も入会は無料ですし、読み応えのある冊子を送ってくれる友の会などもありますので、漠然とマンション探しを考えている段階の方も入会して損はないですよ。

私のおすすめの友の会は「プラウドクラブ」「ブリリアクラブ」「PAL」です。

野村不動産 プラウドクラブ
東京建物 ブリリアクラブ
住友不動産 PAL
三井不動産 ハウジングメイト「こんにちは」
モリモト D::sign
三菱地所 生活散歩online
ダイワハウス ワンズクラブ
タカラレーベン レーベンクラブ
藤和不動産 TOWA MAIL
東急リバブル @こすもす
東急不動産 BRANZ NET CLUB
ダイナシティ ダイナシティクラブ
ノエル メール会員
ダイアパレス Club@PULSE
コスモスイニシア COSMONITY

友の会に入会したからといって勧誘の電話がかかってくるようなことはないので安心してくださいね。万一そんな会社があったらぜひ情報をくださーい。

マンションの探し方その4-エリアを決める-
マンションの探し方その3の追加
マンションの探し方その3-モデルルームへ持っていく物-
マンションの探し方その2-条件の絞込み-
マンションの探し方その1-借入金額の想定-
もありますよー。

にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします!

枕は安眠・健康の重要なカギ フランスベッド販売「まくらえらび」


テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

マンションの探し方その5-候補物件を探す-
マンションの探し方その4-エリアを決める-の続きです。

返せる金額を想定して、条件を書き出して、住みたいエリアが決まったら、いよいよ実際に物件情報を見ていきます。

情報源は、インターネット、雑誌、チラシ、不動産会社友の会、町の不動産屋さん、に分けられます。

インターネットは下記3つをチェックすれば十分だと思います。特に、住宅情報ナビさんはイチオシです。
住宅情報ナビ
新築HOME'S
イースマイドットコム

雑誌は私の愛読誌「住宅情報マンションズ」。無料なので絶対もらいましょう(^^)!

チラシは、マンションを買いたいエリアに今住んでいる、という場合に限られてしまいますね。でもチラシにはいい点があります。「この地域にお住まいの方優先でモデルルーム見学!」などと書かれている場合もあるので、よく読みましょう。

また、チラシはインテリアや設備、オプションの参考になることもあるので、希望のエリアでなくても見て損はありません。

私は一時期、チラシ集めを趣味としていました。気に入ったインテリアのチラシを切り抜いて、こんなソファーがいいなぁ、とか、ここにピクチャーレールがあると便利なんだなー、などと妄想を膨らませたりしたものです(^^;。

不動産会社友の会は、ゴールデンウィークに物件探しをする場合はちょっと間に合わないのですが、今度ゆっくり探そうと思っている方にはぜひ加入することをおすすめします。(後ほど別の記事で詳しく書きますね。)

町の不動産屋さんは中古物件を探す際に活用できます。住宅情報ナビなどにも中古マンションの情報は載っていますが、住みたいエリアの不動産やさんは情報サイトに載る前の旬の情報をつかんでいることもあります。

特に中古マンションに限定して探している方は、ぜひ住みたい町の不動産屋さんに足を運んでください。そのときは気に入った物件がなくても、物件が出てきたときに連絡してもらえるように頼んでおくといいでしょう。

特に初めてマンションを購入する場合、どれもこれもキレイでかっこよくて素晴らしく見えて、目移りして決めるのが大変です。

でも最初に条件をしっかり決めておけば、「どれがいいのかわからない~!」という混乱状態は(ちょっぴり)避けることができますね。

物件情報を見て候補物件を探す場合の注意点を2つほど。

1つめは、最初に決めた条件にピッタリ100%あてはまる物件というのは数少ないということです(あるいは皆無かも)。

7割がた条件を満たしていればOKとしましょう。そして候補物件をどんどんピックアップしていきます。

その際に役に立つのが、その2で作っていただいた条件の一覧表。

私が作ったファイル例↓
マンション比較一覧表(Excelファイル)

この表に、物件の間取り、広さ、価格を記入し(印象は空欄で)、どの条件を満たしていてどれが満たされていないのか、あるいは一部だけ満たしているか、などを、○×△で記入していきます。

2つめは、予算オーバーな物件については候補に絶対入れないこと。たった100万円増やせば、条件をほぼ満たす物件なんだけどな~100万円くらいなら大丈夫かな~、なとど考えてはいけませんよ。

最初にしっかり返せる額を想定したはずです。借りる額が100万円増えても、返す額は100万円以上になるのです。

今後モデルルーム見学に行くともっと盛り上がって、100万円くらいいいじゃんいいじゃん!という気分になりがち。さらに、モデルルームには甘い言葉をささやく営業マンもいますからね。

候補物件リストアップの段階で予算オーバーしていたら、資金計画はとたんに崩れ落ちます。予算はしっかり守る!ということを常に心に刻んでおいてくださいね。

それでなくても引っ越してから家具を買ったり家電を買い換えたり引越し代金がかかったり・・・と、今後お金を使う機会が待っていますからねー。

続きます。

マンションの探し方その3の追加
マンションの探し方その3-モデルルームへ持っていく物-
マンションの探し方その2-条件の絞込み-
マンションの探し方その1-借入金額の想定-
もありますよー。

にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします!

出張・採寸・見積り無料!素敵なカーテンをご提案いたします。【オーダーカーテンのカーテンココ】


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

マンションの探し方その3の追加
今ふと思い出しました。マンションの探し方その3-モデルルームへ持っていく物-の追加です。

必ずしも持っていく必要はありませんが、準備しておいたほうがいいものが、昨年・おととしの源泉徴収票。モデルルームでは去年やおととしの年収や貯蓄額を聞かれることが多いです。

そんなこと教えたくなーい、という人もいるでしょうが、その物件を買えるのか、住宅ローンの審査に通るかどうか、を判断するのに必要な情報なのです。

モデルルーム見学の段階では源泉徴収票を提出する必要はありませんが、源泉徴収票を見ればきっちりした年収額が分かりますし、いずれ購入を決めた際には、住宅ローンの審査のために金融機関に過去2年分を提出するものです。

手元に源泉徴収票がない方は、会社に人事や総務に依頼して再発行してもらいましょう。会社によっては再発行に時間がかかることもあるかと思いますので、早めに頼んでおいたほうが得策です。

ただ、「源泉徴収票くださーい」というと「マンションでも買うの?」と余計な詮索をする人もいるかもしれないのがちょっとメンドウなんですよねー(><)。

にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします!

□■□気になる物件をメールでお知らせ【新築HOME'S】□■□


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

今週の住宅情報マンションズは「GW最強計画」
マンションを既に購入してしまった今でも、火曜日になると無料の「住宅情報マンションズ」を手に取るのが習慣と化しています。

今週号のタイトルは、『家探しのチャンス到来!GW最強計画』というものでした。やっぱりGWにマンション探しをする人が多いのですね~。

これを手にして会社に行くと、「またマンション買うの?」と聞かれてしまいます。さずがに今すぐは買いませんが(^^;。最新のマンション情報に敏感でいたいのです~。

買わないくせに雑誌だけもらってゴメンなさーい。

そんな私の愛読誌(?)、住宅情報マンションズのネット版が住宅情報ナビ

副編集長のチバさんのブログ『住宅情報ナビ ハッピーシングルライフ【Happy Single Life】 通信』を、まだExciteブログで書かれていたときからずっと読ませて頂いているのですが、チバさんがこの4月から晴れて住宅情報ナビの編集長さんになられたそうですよー。

チバさんのブログのプロフィールが「編集長」になっているのに気がついたのでした。こんな細かいところに気が付く私、ちょっとストーカーっぽいですね(^^;。

にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします!

Smatch!住まいの達人ブログ
マンションの探し方その4-エリアを決める-
マンションの探し方その3-モデルルームへ持っていく物-の続きです。

さて、次にすることは住みたいエリアを決めることです。

「今住んでいるのと同じ地域がいい」とか「介護とか子供のことなどで実家の側でないとダメ」とか「絶対代官山じゃなきゃイヤ!」など、譲れない点がないのであれば、このエリア選定はある程度広く取っておくのがおすすめです。

たとえば、自由が丘駅限定ではなく、その近辺の等々力や上野毛、北千束あたりまで候補地とするなどですね。

あまりに最寄駅を限定しすぎると候補物件の数が少なくなってしまいますし、実際に現地に行ってみると、当初第一候補にしていた最寄駅だけれど気に入らない、などということもあります。

その時またイチから物件探しをするのは大変なので、ある程度幅を持たせたエリア選定をしてくださいね。

続きます。

マンションの探し方その2-条件の絞込み-
マンションの探し方その1-借入金額の想定-
もありますよー。

にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします!

□■□気になる物件をメールでお知らせ【新築HOME'S】□■□


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ